給与制度

8月 20, 2008

普通は、初め就任者の収入は最低です。日本会社の年功序列制度を捨てて、能力も一大の要素です。IT業界で、裏は大体市場の分析と需要のコンサルティング、システム設計、に分けてプログラムを編纂することができます。日本の1社の大企業の華人のシステム設計の技師は、私達の業界内人からするとプログラムを編纂して、ただ低級な労働者と言います。そのためかも知れません、プログラマーの年収は300~500万の間で、システム・エンジニアは500で着きます 800万間、甚だしきに至ってはもっと高いです。
日本会社が多く年の功の序列の制度をとるため、だから、一体いくつか外資会社は華人に対して更に多くの信用が現れて、更に優待的な待遇を与えます。職務について美しい資本会社の張勇先生で彼の年収めてすでに普遍的な意識の高い収入の範疇を上回ると表しています。この会社の会議室の中で、中国人、日本人、アメリカ人はインド人と一緒に会議をして、区分する人種がなくて、能力に対する追求と認めることにたくさんあります。
多い日本会社の現場はまたどのようですかですか?事実上、華人IT人材は日本IT業界の普遍的な感銘について、米国と中国と比較して、日本のコンピュータの業界のレベルは高くありません。日本のコンピュータの方面の仕事の方式、完全に1種の工場の化の大きい生産で、分業は厳格で、効率はわりに高くて、完全にグループ化の大きい生産の宿題で、普通のその他の業界の流れ作業のライン(配置)と本質的な違いはありません。日本と比較して、国内のソフトウェアの製造の方面の組織、無秩序で低い効率に見えて、よく何人かのコンピュータの達人の単独作戦です。中国のソフトウェア業は更に1群の単独の闘いの武術界の達人のそうで、日本の仕事の現場は訓練が行き届いているモンゴルの騎兵の群のそうです。そのため、中国の小さいソフトウェアのひどい目、しかし本当で有名な大きいソフトウェアはありにくいです。
中国の優秀なエリートを日本の組織の運営の中に集中して、きっと日本IT業界のために明るい将来性を持ってきました。多く取材者に記者に教えられて、彼らの一人は2,3人の日本人の仕事に責任を持つことができます。しかし、彼らの収入は日本人と同じです。しかも、否定するべきものがないのは、働く現場、華人IT人員はよくあって技術の上で全体の仕事の中で重任を委ねにくいばつが悪い地位に依存されます。
それ以外に、華人の自分で創立するIT企業も雨後のタケノコのようです、東京圏内に百軒近くだけあります。彼らは仕事の字が顔を出すと言って、彼らは能力に任せて生活を求めることを望みます。これらの企業の圧倒的多数は小型企業に属して、人員の10数名の内の多数を占めること。いくつ(か)の有名な会社を除いて、多数の小さい会社はすべて大企業からの注文書を受け取ることができません。言うことができて、IT業界も厳密な商品の流通ルートがあって、大会社の出す注文書の分散は中型の会社まで(へ)、それから日本の小さい会社で、しかる後華人の会社がです。更にさらなる、聡明な華人の支配人は働いて国内のコンピュータ会社まで(へ)発給します。これらの華人IT企業はこんなに苦難に満ち粘り強く異国で発端となって、発展。異国の興業で、優秀な技術だけある者ははるかに足りません。福岡の3R会社の発明の新製品は先日日本の権威のあるコンピュータの雑誌《DOS/V MAGAZINE》の中で紹介されて、華人の支配人の王先生は、彼らの会社は優秀な中国の人材がいて、3つが営業の日本の職員をやることがまだいますと言います。“ 営業をやって、やはり日本人を必要とします。”支配人達はこのように言います。
安定する生活と収入、およびIT業界の就任者の年齢の階は比較的に若くて、たくさんの極めて優秀な人を使用するのは生活の心配である必要はなくて、週休2日に運動、レジャーなことをして、休暇期間に他所へ行って旅行します。しかし、驚いて不思議がったのは、彼らの中 90%以上はすべて日本で長期にわたり決して滞在するつもりでなくて、彼らは米国の夢を心に抱いて、あるいは最後の道を残して、帰国します。人々がこれを思いやすいのは米国が受け取るのがもっと高いためで、事実上記者の得るデータは表示すって、米国の給料と日本が比較するのは大同小異、しかも更に重い税があります。米国に行きたくて、第一個の原因は米国IT業界がについて挑戦して革新の中国人と魅力を更に備えるので、第2の原因、ITと関係がなくて、ただ自由、民主を代表して開放的な米国が人々についてと更に強い誘惑力があるだけためです。これは自身の夢想を持っているだけではなくて、また彼らが次世代ために考慮するため、日本の決して長居をするのではない理想を思っています。帰国したい人となると、多数は身内のためで、国内のために間もなく到来するIT業界の成熟期。彼らは記者にこのように答えます “私は日本の時間にやっと1年余りになって、平板で順調で、ただ生活するだけが少し単調です。しかし、人間関係は簡単です。ここで、あなたは正直に仕事をすることができるのでさえすれ(あれ)ば、人がいてあなたを片付けにくることはでき(ありえ)ません。出勤する時、生きて仕事をすることがあって、生きていないで自分で技術と日本語をすこし学んで、あるいはインターネットを利用して遊びます。つまるところ、お金はまだ副次的で、主に今の経歴が後に対して帰国して一定の助けがあるべきだと感じるのです。将来日に日に開放的な上海について、1つの比較的に良い仕事を探し当てることができるのであるべきです。私は選びました数年以降に帰国することしかできなくて、私が家の中の一人っ子なため、両親は年齢大きくなって、帰らないで申し開きが立ちません。”
“若く更にUSA大都市に行ってすこし見ますうちにたくて、なにを少し体得して民主、自由を叫んで、人権はまたどんなもので、それから田舎に帰ります。日本となるとに対して、電車に押し合いをして押し合いをして積み重ねて、いらだたないで、同じく好きでありません。”
“日本会社は数年をして、カナダは1年を試みて、帰国しにくいです。一人の生活は自然とすべて満足することはでき(ありえ)なくて、しかし落ち着いた安寧、現段階満足しますと言えます。休みの日家を切り盛りして、街をぶらつきます。今後、やりくりが上手い嫁さんは、自分で中国人なために誇らしい子供はとても満たしました。”

現在の働く生活に対して満足します。休みの日、水泳に行って、BARを浸して、DISCOダンス、本を読むこと、ショッピング、洗濯して、掃除する部屋などに行きます。将来大体において日本に残すことはでき(ありえ)なくて、同じく帰国することはでき(ありえ)ません。”
“94 年日本に来て、去年卒業した後に1研究所で働きます。過去何回も帰国したいです。可能性は本人の良い高鶩遠、才能と学問が浅くて、最後にすべて水の泡になります。現在の仕事に対して満足して、中国で一律の待遇まで(へ)享受していないで、ここで体得しました。休みの日はほとんどすべて‘家庭のサービス’で、息子といっしょにいて、自分のない少年時代を探し出しました。日本の時間で成長して、ますます私とこの社会の相容れないことを感じます。先月は米国へ周りを回りに行きます、やっと米国が私のが所に行くのであるべきなことを発見します。私が米国に着いたことに知らなくなった後にどのようになるかのことができ(ありえ)て、しかし信じて、努力だけが必要で、あなたを待っている多くの機会があることができ(ありえ)ます。”

“生活に対して仕事に対して更にいい加減だと感じるようにしましょう。休みの日普通は部屋を眠って、インターネットを利用して、ショッピング、きれいにします。少し長い休暇期間に旅行に行くことがあります。天気が良くて、気持ちが良い時散歩して、水泳、運動に行きます。将来となると、それならはっきり分かりませんでした。実は生活してどこになにが大いに区別することがもないを見積もっています。どんな境遇にも安んじるようにしましょう。”
日本IT業界に従って人材の需要に対して絶えず強めて、華人に従って就任して人数の途切れない増えること、私達は理由の信じることがあって、華人IT人材は日本のこの業界の内でかなり重要な地位を占有します。しかし、彼らの夢想は米国にあります。ある人は清華大学と北京大学などの国内学校を米国の各大学の用意のクラスと称することにからかって、それでは、華人IT人材の日本企業米国IT業界の用意のクラスかどうかを招いて任用しますか?自然、中国国内から、また将来就任する新米達があります。人材の流出現象がIT業界の愈顕にになるのは明らかです。幸いなことに、多くの人はすばらしい外の世界が1回歩いた後で抱いて、帰国してIT業界を発展して、いっそう自己の考えを実現して、彼らは中国IT業界を全体の熟している不可欠な人材に向かわせることです。今日日本企業で働く華人IT人材、各自の夢想を持っていて、あるいはどんな境遇にも安んじて、あるいは機会を待って出すことにじっとしていて、日本で彼らの足跡を残します。

千葉 求人
仙台 求人
中途採用
転職サイト
CCNA
埼玉 求人
愛知 求人

広告

コメント / トラックバック1件 to “給与制度”

  1. 三田村 Says:

    幼顔のみゆちゃんのテクニックはやばかったね~
    特に後ろに回りこまれて手でコキコキされたのはたまらんかったw
    床が米青子でベトベトになるくらい出しまくったしなwww
    当分おなぬーはする必要ないねぇ(´∀`*)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。