履歴書を作成するにはまず、あなた自身のキャリアの棚卸しをすることが必要です。それは自分の強みや弱みを見つめるよい機会になり、履歴書を作成する上で一番初めに必要な事となります。そのときのポイントは、自分の強いという思っている部分は、本当に強いかどうか?ということです。

その強さは誰に対して優れている点であるのか、また、何をする上で強いのかを考えてください。

よく社内で「○○さんの事務能力はスゴイ!」だとか「△△さんの営業能力は、ずば抜けている!」などと話題になることがあります。しかし、それは、果たして社外でも通用するくらいずば抜けているのでしょうか?

入 社3年目でようやく営業職としてひとり立ちしつつあるB君の例を見てみましょう。B君は先日、ある難しい案件を一人でまとめ上げ、社内でも話題になりまし た。活躍は営業部のみならず、社内全体で認められ、直属の課長や部長以外からも、いろいろ案件を紹介されるようになりました。新入社員からも仕事の相談を 受けるほど信頼されています。

でも、会社内で引っ張りだこだということは、本当に自分の強みなのでしょうか?

B君は案件を紹介されるようにはなっても、果たして自分で案件を取ってくる能力はあるのでしょうか?

社内での評判もよく、自分に自信のついたB君はより自分の可能性を広げるために、転職エージェントに登録をしていました。そして、業界2位の大手企業に面接に行きましたが、残念ながらB君の実績は評価されることはありませんでした。
最終選考まで進み、自分の強みである営業力、事務能力をアピールしたのですが、他の候補者のほうが新規案件開拓力、提案営業力などで勝っていたからです。

本当の強みとは、会社の中の尺度でみるものではなく、社会、つまり転職マーケットでの評価や強みによって決まるのです。社外での評判がよければ、それは社会での評判が良いということになります。

読者の皆様も、小学校から中学生に上がったときに、小学校内では、足が速いほうだったけど、中学校に入学してからはあまり大したことがなかったりというような経験はされたのではないでしょうか?B君の例もこの例に当てはまります。

B君のチャレンジは失敗してしまいましたが、社外のマーケットで評価されないと本当の強みとはいえないと気づく事ができたのは、とてもよいターニングポイントでした。

「ちょっと仕事ができる気になっていたけど、大きな勘違いでした。まだまだ鍛えなければならないスキルは多そうです。今回転職の縁が無かったのは残念だけど、わずか社会人3年目で『本当の強み』の意味に気づけたのは大きな収穫でした。」とB君は語ります。

皆様も以上の例を考えた上で、履歴書を作成する前にもう一度自分の強みについて考えてみてください。

履歴書の作成なら→履歴書ダウンロードならMr.Jobs

{PR} 金融消費者金融比較クレジットカード履歴書アンチエイジング

広告